あいコレ

ロレックス、ガガミラノ、シャネルなどの平行輸入品と正規輸入品の違いとは

並行輸入品と正規輸入品との違いとは?

アマゾンやヤフオクなどの出品品で「並行輸入品」という文字をよく見かけます。
「輸入品」であることはわかるのですが、正確に「並行輸入品」の意味がわかる人はまだまだ少ないかもしれません。

では、「並行輸入品」に対して、逆の意味で「正規輸入品」という言葉がありますが、
それぞれの違いもまた、正確に理解している人も多くはないのでしょう。

並行輸入品とは

一言で言うと、その商品の海外メーカーから正規のルート以外で輸入した商品を言います。

正規輸入品とは違ったルートから輸入されるので「並行」という言葉が対比として用いられます。
では正規ルートではないルートとは?
簡単な平行輸入ルートと言うと、「個人輸入」です。
つまり、あなたがアメリカのプレミアムアウトレットで買って、日本に輸入してきたロレックスを、アマゾンやヤフオクで出店すると、これは「並行輸入」となります。

正規輸入とは

これに対して、上記の例で、同じ輸入元の海外メーカーから、あなたではなく、正規取次店、正規代理店、メーカーの日本支店に輸入された商品のことを「正規輸入品」と言います。
アマゾンやヤフオクでも出店がありますが、それは出店者が日本で購入したものか、正規の日本の支店が直接出店しているケースがありますね。



スポンサーリンク



メリットとデメリット

「並行輸入品」のメリットとして一番に考え付くのは、価格が安いことです。
「正規輸入品」はメーカーの都合で価格が決められます。為替変動や市場動向、メーカーでの売れ行きによって価格が左右されます。それに対して、「並行輸入品」は個人が考えて値付けをできます。売れる値段で販売されるので、ヤフオクなどではオークション(市場相場)で買えますし、アマゾンなどでも今は出店前に最安値を確認して出す出店者が多いですので、それほど高い値段ではでません。

それに対して、デメリットもあります。
メーカーから正規に卸されていないので、メーカー保証が定かではありません。販売先が外国だったりすると、日本でメーカーがサポートしてくれない商品もあります。また、出店者も気づかずに偽物が売られているというリスクもありますね。


スポンサーリンク