あいコレ

あなたの所得税はいったいいくら?

サラリーマンのあなたが支払ている年間の所得税はいったいくらなのか?
気になりませんか?

パートやアルバイト、会社員が支払う所得税は、通常会社から支給される給与から天引きされ、その会社から、あなたに代わって税務署に納められています。

そうでなければ、個人で商売をしている方たち(個人事業主)と同じように、自分で所得税を計算し、「確定申告」と呼ばれえる手続きを行って納める必要があります。

では、給与天引きされ会社から支払われている所得税、いったい、どんな計算で支払われているのでしょうか。

所得税の計算に必要な「所得」を理解する

所得税額を計算するのに「所得」を理解する必要があります。

しかし、もう一つ、収入とか給与とか、なんだか同じような意味に感じられる、いわゆるお金を受け取るときに使うコトバとはどう違うのでしょうか?!
実は、この「所得」とそれ以外の収入とはコトバの意味が違います。

収入とは、会社からもらう給与や賞与(ボーナス)など、年金や社会保険料などが引かれる入ってくるお金の総合計
所得とは、収入から経費を差し引いた、いわゆる手元に入って来る実際の金額

経費には税金は掛かりません

所得税は、1年間に生じた「所得」に対してかかります。(課税対象という)
なので、所得税の計算は、1月1日から12月31日までの収入から、必要経費をひいた、「所得」割り出すことが必要です。

所得は主に10種類に区分されます。その分類は大旨、職業や収入のあり方などによって分けられます。

<所得の分類>
個人的な事業、自営……事業所得
サラリーマンの給与、パートやアルバイト……給与所得
不動産の賃貸収入……不動産所得
株、不動産などの売買収入……譲渡所得
公的年金……雑所得

そして、所得の計算方法は所得の分類ごとに違ってきます。

スポンサーサーチ




所得税額速算表

平成27年以降の所得税の税率表です。


課税所得金額(A)
税率(B)
控除額(C)
税額=(A)X(B)-(C)
 195万円以下
5%

(A) X 5%
 195万円超 ~ 330万円
10%
97,500円
(A) X 10%-97,500円
 330万円超 ~ 695万円
20%
427,500円
(A) X 20%-427,500円
 695万円超 ~ 900万円
23%
636,000円
(A) X 23%-636,000円
 900万円超 ~ 1800万円
33%
1,536,000円
(A) X 33%-1,536,000円
 1800万円超 ~ 4000万円
40%
2,796,000円
(A) X 40%-2,796,000円
 4000万円超 ~
45%
4,796,000円
(A) X 45%-4,796,000円

計算は、年収300万円の場合、195万円までは税率5%、196万円から300万円までは税率10%が適用。
つまり、控除額(C)を差し引けばいいので、300万円×10%-97,500円で計算となります。

税制改正について

ただし近年、以下のような税制改正がされています。高額所得者にとってはいずれも負担増なので、注意しておきましょう。

◇平成24年税制改正
平成25年から平成27年までの所得税については、年収1500万円を超える場合の給与所得控除額は245万円で固定

◇平成26年税制改正
平成28年は年収1200万円を超えると230万円で固定、平成29年以後は年収1000万円を超えると220万円で固定


スポンサーサーチ