あいコレ

先進国を蝕むアレルギー疾患

アレルギーとは

アレルギーとは、外から体の中に、ウイルスや細菌が入ろうとするのを防いだり、体内に出来たがん細胞などに対して必要な免疫反応で、さらに、ほこり、食べ物、ダニ、花粉などに過剰反応を起こすことを言います。

また、その反応を引き起こす元となる、ほこりやダニのことをアレルゲンと言います。先進国での発生が主で、

主な疾患には

アトピー性皮膚炎
気管支喘息
花粉症
アレルギー性鼻炎などがあります。



スポンサーリンク



アレルギーの原因

体内のいろいろな種類の遺伝子が関係して、発症しやすい体質の人が、アレルゲンに触れることで発症すると考えられています。遺伝子自体は、直ぐに突然変異することは考えにくいので、環境に要因が大きいのではないかと考えられています。

そして、その環境要因が大きいのが先進国ということです。

良く言われるのが…

戦後の日本でのスギ植林が、最近のスギ花粉によるスギ花粉症増加の要因になっています。機密性の高い、高級住宅で発生するハウスダストもこの類です。このような、身のまわりにある化学物質の増加による環境変化が関係しているのではないかと考えられています。


スポンサーリンク